残便感を解消する様々な方法|食事から腸内環境を改善する

錠剤

苦しいお腹とさようなら

健康補助食品

自力でなんとかしたい

お腹が張って苦しい。便秘薬を飲めば良いけど、まずは自力でなんとかしたい。そんなときにオススメの方法を紹介します。一つ目は、お腹のマッサージ。詰まっていると、お腹が固くなり、排出が困難に。少し痛いかもしれませんが、腸を柔らかくほぐしてあげましょう。立っているときは、腰からもマッサージをするとなお、良いようです。二つ目は、腸内環境を整える食物の摂取。食物繊維が豊富な食品等色々ありますが、お手軽なのはヨーグルトの一気のみ。コンビニやスーパー等で売っている飲みきりサイズを、起きてすぐ、何よりも先に一気のみしましょう。三つ目は運動。といっても、日々忙しくそんなに時間が取れない…というときは、図書館や書店をじっくりと歩き回るのがおすすめです。なんでも、本の臭いが、便通に作用する人も多いのだとか。四つ目は睡眠です。できれば一日6.5〜8時間は睡眠時間を確保してください。

でも自力じゃ無理だった

努力はしてみたものの、自力では無理だった。そんなときにオススメの便秘薬は…。ということで、オススメの便秘薬を紹介します。初心者にオススメなのは顆粒状の生薬配合の薬です。顆粒状のため、自分で飲む量が調節できます。また、生薬配合のため、緩やかに効くだけでなく、便秘以外の肌荒れや食欲不振等にも効き目があります。実際に使ってみたところ、飲む量にもよりますが、他の便秘薬とは違い、捻るような痛み等、いきなりお腹が痛くなるということはありませんでした。デメリットとしては、大体一包あたりの金額が高くなってしまうこと。こんなに優しい薬じゃもう無理。今すぐにでも出したい。というかたには、即効性の錠剤がオススメです。しかし、即効性がある代わりに、必ずと言って良いほど、腹痛が起こります。遅効性の薬で効かなかったから…と言って二錠飲んだりせず、初めは必ず一錠にしましょう。即効性があるものは、腹痛を伴うものが多いため、できれば便秘がひどくなる前に、遅効性の便秘薬を服用することをおすすめします。

Copyright© 2015 残便感を解消する様々な方法|食事から腸内環境を改善するAll Rights Reserved.